Dカン付・ネジカシメ仕様の持ち手
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もっと簡単に、確実に取り付けることができる持ち手が欲しくて作りました。

ネジタイプのカシメを採用しました。マイナスドライバーだけで取り付けることができます。
より簡単にバッグに取り付けることができるようになりました。
従来のDカン付タイプでも取り付けに特別な工具を必要としないため、初心者の方でも簡単に確実に取り付けることが出来ましたが、バッグの制作工程の途中で持ち手を取り付ける必要があったため、裏返したりする際に持ち手が邪魔になることもありました。
ネジカシメにしたことで、バッグ本体にDカンだけを先に取り付けて制作をすすめていき、最後の最後で持ち手を取り付ければよくなりました。


もちろん後から取りはずすことも可能なので、くたびれてきた持ち手を新しいものに交換したり、バッグ本体を洗うことも出来るようになります。



●お届けする物は、持ち手1組(2本)と、Dカン4つとネジカシメ4組(下の写真参考)です。ご自身でネジカシメを使って、Dカンを取り付ける仕様になっています。

■ネジカシメは、当店の持ち手にあわせて特注しました。

コバ(革の裁断した断面)には毛羽ちを抑える加工を施しています。

床面(裏面)も滑らかな状態です。
ステッチの糸は生成り色です。
ネジカシメDカンタイプは特別な工具の必要もなく、取り付けが簡単なので、初心者の方にもおすすめです。
ステッチを入れる前の持ち手の長さは全く同じなのですが、ステッチを入れることで、針穴と糸の分だけ若干長くなります。また革のやわらかい部分と硬い部分とでは伸び方に差が出ますので多少の差異をお許しください。しかし、極力同じ長さの組み合わせになるよう努力しております・・・・。

こだわったことと、お願いしたいこと。

扱いやすさを考え、Dカン取り付け部分を曲げやすくするためには薄い革を使えばいいわけですが、これまでのDカン付タイプのしっかりとしたボリューム感を継承したかったので、厚い革を使いつつも、先端部分に特別な加工を施すことによって、扱いやすさとの両立を目指しました。
しかし、強度を優先した加工にとどめているため、取り付けるときに折り曲げるのに力が要る場合があります。無理に力を入れすぎると革に負担がかかりよくありませんので、少しずつゆっくり曲げていってください。
(また、どうしても曲げにくい場合は、革に水を含んだスポンジ等で湿り気を与えてやれば、革がやわらかくなり作業しやすくなります。)

通常のカシメなら一度取り付けると外れることはまずありませんが、このネジカシメは長く使っているうちに緩んでくる可能性がございます。
出来ましたら定期的に緩んできていないかチェックしていただき、緩んできているようならマイナスドライバーや10円玉などで締め付けてください。

ネジカシメは革の厚みに合わせて特注していますので、よりしっかりと締め付けることが出来るようにしてあります。


Dカン付ロングタイプ・ネジ仕様・ステッチ入り
キャメル
商品番号:PH17CM

■価格:\1600/組 (税込 \1680)
■幅:2cm 
■Dカンを付けた時のDカンからDカンまでの長さ:約50.5cm
■牛革、日本製
Dカン付ロングタイプ・ネジカシメ仕様・ステッチ入り
ビター
商品番号:PH17BT

■価格:\1600/組 (税込 \1680)
■幅:2cm 
■Dカンを付けた時のDカンからDカンまでの長さ:約50.5cm
■牛革、日本製

Dカン付タンダードタイプ・ネジ仕様・ステッチ入り
キャメル
商品番号:PH16CM

■価格:\1500/組 (税込 \1575)
■幅:1.5cm 
■Dカンを付けた時のDカンからDカンまでの長さ:約39cm
■牛革、日本製

Dカン付タンダードタイプ・ネジ仕様・ステッチ入り
ビター
商品番号:PH16BT

■価格:\1500/組 (税込 \1575)
■幅:1.5cm 
■Dカンを付けた時のDカンからDカンまでの長さ:約39cm
■牛革、日本製


使い方

1、バッグ本体にDカンをつけます。
ここでは、バッグ本体の表布と裏布を縫い合わせるときに、Dカン付け布をはさみこんで縫いました。

2、Dカンに持ち手を通します。

3、穴と穴とあわせるように折り曲げます。
4、頭が平らな方のカシメを用意します。
5、持ち手の穴にカシメを入れます。
6、持ち手を裏返して、今度は切込みがある方のカシメを穴に入れます。
7、マイナスドライバーでカシメとカシメを合わせて、締めます。
この時、革が曲げにくい場合はゆっくりと曲げながら
根気よくネジを締めてください。
8、完成です。この要領で残りの3箇所も取り付けてください。
参考:当店のトートバッグにロングタイプを取り付けました。
【参考】
左はチューリップバッグ、右はドロップバッグ・ハンドバッグ型にスタンダードタイプの持ち手を付けました。
ボールバッグにスタンダードタイプの持ち手をつけました。肩にかけても、手に持ってもバランスのいい長さです。
【ご注意事項】

●天然素材のため、多少のキズや色むらがある場合がございます。あらかじめご了承ください。
●コバ、床面には毛羽立ちにくい加工をしておりますが、使う頻度によっては、少しずつ毛羽立ってくることをあらかじめご了承ください。