革製タグ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■Peachmadeオリジナルの革製のタグです。バッグやポーチ、帽子などのアクセントに・・・。

■へこんでいる部分の色が濃くなっていますが、それは汚れではなく、「焼き」の工程による変色で、ヌメ革に刻印を入れた時の特徴となります。ヌメ革以外では、この「焼き」はなかなか入りません。味があります。

※焼き・・・・・熱と圧力を加えながら刻印で型押しをするのですが、押し込まれた部分の色が濃くなります。それを「焼き」と言います。

■ナチュラル感を残すために、あえてコバには毛羽立ちを抑える加工をしておりませんが、お好みによりCMCやトコノールをお使いください。

◆2枚で1セットです。
価格:\380 (税込 \399)
サイズ:羊しまうまセットは4.0cm×3.4cm
■商品名:羊しまうまセット(キャメル)
■商品番号:TG15CM
■色:キャメル
羊柄1枚、しまうま柄1枚の計2枚セット

2枚組みタグの使い方

革、布用のボンドで貼るだけでもOKです。無理やりはがそうとしない限り、はがれないぐらいしっかりと取り付けることが出来ます。見た目がすっきりと仕上がるので私はボンド留めが好きです。しかし「ボンドだけでは不安・・・」という方は糸でさらに縫い付けてください。

■ご注意事項:生地によってはボンドだけでは十分に貼り付けることが出来ない場合もあることを予めご承知置きください。

1)菱ギリや目打ちで4隅に穴をあけます。
ボンド留めだけでいいという方は、穴をあける必要はありません。次の2、からはじめてください。
2)タグの裏にヘラを使って革、布用のボンドを塗ります。ヘラを使うと上手に塗れます。

3)端っこまでしっかりと塗ります。

【追記】生地によってはタグ側だけにボンドを塗るのでは、しっかり貼れない場合があります。その際は、面倒でも生地側にもボンドを塗ることをおすすめします。

このボンドは本来、皮革と布側の両方にボンドを塗ってから圧着させる使い方をするのですが、布側にボンドをつけるところを定めるのが難しいため、私はタグ側にしかボンドは付けていません。
4)バッグの上に置き、上からしっかりと押さえます。強く押さえることで、シッカリと取り付けることが出来るボンドなので十分に圧着してください。

※ボンドで貼るだけの場合は、ここまでです。ボンドを端っこまでしっかりと塗っておくことがポイントです!

5)バッグ本体まで穴をあけるために、再度菱ギリで穴をあけます。
6)4隅を糸で縫います。

■革とほぼ同色の麻糸を使いましたが、ミシン糸でもOKです。赤や紺などのカラフルな糸で縫ってもアクセントになって可愛らしいと思います。
■ここでは、バッグが完成した後でタグを取り付けましたが、バッグを縫い合わせる前に取り付けておくと、裏に縫い目が出ず綺麗に仕上がります。
■参考■
■参考2
周囲を極小カシメでとめました。ミシンで縫いとめるのとはまた違った雰囲気があります。
■参考1こちらはボンド留めのみです。手早く、しかも見た目もすっきりと仕上がります。
■参考3
周囲をミシンで縫いました。薄い革なのでストレスなく縫えました。

◆浅い切込みが入っているので、カッターでとても簡単に切り離せます。
価格:\300 (税込 \315)
サイズ:4.0cm×4.0cm(切り離すと、2.0cm×2.0cmのタグが4つ出来上がります)

シェルポーチなどの小物に合う小さな小さなタグです。

少しでもお安くご提供できる革製タグを考えた結果がこのスタイルです。
お客様にカッターを使って、切り離してお使いいただきます。簡単に綺麗に切れるように、あらかじめ十文字に浅い切込みを入れました。

浅い切込みを入れるくらいなら、はじめから切り離しておいてくれたらいいのに・・・というお声が聞こえてきそうですが、うまく言えませんが切り離さないところがポイントなんです・・・・・。

■商品名:キッチン
■商品番号:TG07CM
■色:キャメル

キッチンタグの使い方

1、溝にカッターの刃を沿わして切ります。

◆ポイント1◆ 1回で切り離そうとするのではなく、力を入れ過ぎないで何回かなぞって少しずつ切り離します。

◆ポイント2◆ 事前にカッターの刃を新しいものに替えるか、刃先を折ってから作業します。

2、綺麗に切り離せました。完成です!
後は、ボンド等を使ってシェルポーチや小物にお使いください。
角を丸くしたい方は、次の説明を参考にしてください。

3、角をほんのわずか切り落とします。切り落とし過ぎないのがコツです。

4、4角を切り落としました。
5、紙やすりで綺麗に丸みをつけます。写真は、NTドレッサーを使っています。私はホームセンターで買いました。
6、毛羽立ちが目立つ場合は、ハサミで切り落とします。
7、トコノールやCMCを用意します。
8、綿棒を使って、周囲に塗ります。
9、ヘラ付ヘリみがきで磨き、周囲を落ち着かせます。
10、完成です!・・・・・こだわりの一品です・・・・・・。
■参考■

シェルポーチにボンドで貼り付けました。