>>home>topics

24 こどもポシェットの作り方
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

小さな子供のための小さなポシェットを作りました。
子供は大人と違って持ち歩かなくてはいけない荷物なんてないのですが、それでもバッグを持ってお出かけしたいのです。
私の娘もよちよち歩きのころから、バッグが大好きでした。
ただ今2歳半(2008年冬現在)ですが、これぐらいの小さな子供でも使いやすそうなポシェットにしました。それに作り方はとても簡単です。
Peachmadeオリジナルパターン(PA13、こどもポシェットSサイズ)を使って作り方をご紹介していますので、よろしかったら作ってみてください。

また作ってみたいと思ってくださった方に、パターンをご自由に(無料)ダウンロードできるようにしました。
サイズはSとLの2種類あります。

出来上がりサイズ(cm)

必要な材料

こどもポシェット(L)

タテ16.5、ヨコ16、マチ2.5

表布、裏布、キルトわた (各タテ45cm×ヨコ25cm)
ファスナー 16cm、
ひも 1mぐらい
ひもを通すためのタブ 5cmを2個
バイアステープ 20cmを2本

こどもポシェット(S)

タテ13.5、ヨコ13、マチ2.5

表布、裏布、キルトわた (各タテ35cm×ヨコ20cm)
ファスナー 13cm、
ひも 90cmぐらい
ひもを通すためのタブ5cmを2個
バイアステープ 17cmを2本バイアステープ 

■キルトわたについて・・・薄手から厚手までありますが、薄手であっても厚手であってもそれぞれに可愛らしくお作りいただけると思います。
厚手だとぷっくりと仕上がります。見た目重視なら私は厚手の方が好きです。でもマチの部分は生地が何重にもなるので、あまりパワーのないミシンだと進まないかもしれません。その点、縫いやすいのは断然薄手です。なので、どちらを選ぶかはお好みで・・・♪

Peachmadeでご紹介している片面接着わた(品番SE05)は厚手、薄手片面接着わた(品番SE07)は薄手になりますが、どちらも適しています。

■ファスナーの種類について・・・エフロンファスナーやフラットニットファスナーと呼ばれる樹脂ファスナーや、金属ファスナー、ビスロンファスナーなど色んな種類がありますが、初心者の方にはエフロンファスナーやフラットニットファスナーがおすすめです。
作り方のページではフラットニットファスナーを使用しています。

■ファスナーの長さについて・・・ジャストサイズはLで16cm、Sで13cmですが、ファスナー付けが苦手な方は長めのファスナーを用意してください。長めのほうが縫い付けやすいです。作り方のページでは20cmを使用しました(Lサイズを作るときも20cmがおすすめです)。
ただし、金属ファスナーやビスロンファスナーの場合は、ミシンの針が折れる可能性がありますので、ジャストサイズのファスナーをお使いください。


このポシェットはファスナーの位置がポイントです。てっぺんにあるよりも、少し下がったところにある方が、私の娘は開け閉めがしやすそうでした。ただいま2歳半ですが、何でも一人でやりたい時期なので、自分で開け閉めがしやすいようにしました。それにファスナー仕様なので中身が飛び出す心配もありません。

ひもはリバティで作りました。中にコットンテープを入れているので、ペラペラしすぎません。お好みの布で作ったり、可愛いリボンを使ったりと色々お試しください。

マチにボタンをつけてみました。ちょっとしたアクセントになります。

身長83cmの娘がSサイズを持っています。80cmのひもを使用しました。ひもの長さはお子さんの身長に合わせてください。

作り方はこちらから 


作り方を印刷したい方はコチラから

Lサイズのパターンを印刷したい方はコチラから

Sサイズのパターンを印刷したい方はコチラから

※印刷(プリントアウト)用のウィンドウを開くには、パソコンにAdobe Readerがインストールされている必要があります。
まだインストールされていない方はこちらからインストールすることが出来ます。         

「こどもポシェット」のパターンを使ってお作りになった作品を、ご自身のHPやハンドメイドショップなどの実店舗、またネットオークションで販売していただいてかまいません。ただし、パターンにつきましては著作権を放棄しておりませんので、パターンそのものを販売したり無断で再配布することは固くお断りしております。